在宅ワークにデメリットはある?

在宅ワークにデメリットはある?

通勤しなくても良いなど、在宅ワークには大きなメリットがたくさんありますが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

在宅ワークのデメリットとライバーディレクターにそれが当てはまるのかも考えていきたいと思います!

スキル不要の副業!
ライバーディレクター養成講座公式HPへ

在宅ワークの3つのデメリット

それでは在宅ワークをする上で、どんなデメリットがあるのか具体的にみていきましょう。

デメリット1:オンとオフの切り替えが難しい

在宅ワークは基本ずっと家の中にいるため、オン・オフの切り替えの難易度が上がることになります。

確かに普段くつろいでいる部屋で働いていると、「開始時間になっても気分が乗らない」「ダラダラと何時間も過ごしてしまう」ということがありえますよね。

切り替えが上手な人であれば問題無いかもしれませんが、人によっては職場の方がパフォーマンスが良いという人もいるかもしれません。

仕事の成果を上げるためにと無理をし過ぎず、仕事に集中する時間とプライベートの時間のメリハリを保つということが大切になってきます。

デメリット2:コミュニケーション不足

在宅勤務の場合、職場で働く従業員と比べてコミュニケーション不足になりやすいので、疎外感を覚える状況を作りやすいというデメリットもあります。

リモートワークで働いていると、簡単なことでも認識がずれてしまったり、勘違いも生まれやすくなってしまいます。

ちょっとした雑談をするだけでも気持ちが晴れたり、その場の空気で相手の気持ちを感じ取ることもできますよね。

こういったコミュニケーション不足を解消するには、チャットや電話、メール、Web会議などを活用して情報のやりとりがしやすい環境を作ることが必要になってきます。

デメリット3:集中して作業できる環境の準備

コロナ渦でテレワークが増えた影響で、広い間取りに引っ越しをする人が増えたそうです。

たしかに家庭環境や居住環境によっては、集中して作業できる空間の確保が難しい場合もありますよね。

家で仕事をしていると、これまでは気づかなかった小さなことも気になってくるかしれません。

また、デスクや椅子を新たに準備をする必要がある人もいるので、お金がかかってしまうことが考えられます。

ライバーディレクターに当てはまる?

ライバーディレクターは1日10分の作業しかないので、上記のデメリットは当てはまることがありません。

1人でオフの気持ちのまま終わらせることができるので、在宅ワークのメリットのみを生かすことができます!

スキル不要の副業!
ライバーディレクター養成講座公式HPへ
TOPページを見る