老後2,000万円問題に備えるために

老後2,000万円問題に備えるために

老後2,000万円問題という言葉は聞いたことがあると思いますが、老後の準備をしっかりとしている人はなかなかいないのでは無いでしょうか。

そこでこの問題について詳しく掘り下げていきたいと思います!

スキル不要の副業!
ライバーディレクター養成講座公式HPへ

老後2,000万円問題とは?

老後2,000万円問題とは、2019年に行われた市場ワーキング・グループの報告書によって、老後の30年間で約2,000万円が不足すると内容が話題になりました。

ところが、この言葉が独り歩きしていまい、老後の不安が大きくなっただけで、どうしたら良いか分からないという人が多いと思います。

前提として、老後に2,000万円が不足するというのはあくまでモデルケース上での試算結果であり、誰にでも当てはまる訳ではありません。

言い方を変えると、2,000万円という金額を気にし過ぎる必要はないということになりますが、老後の準備をしなければいけないのは変わりません。

準備を念入りにしておく必要がある人

それではどんな人が老後の準備を念入りにしておく必要があるのでしょうか?

退職金が受け取れない人

現在は終身雇用という制度も崩壊しつつあり、退職金を貰えないという人も増えていますよね!

退職時にまとまったお金がもらえないということは、自分で用意をするか、その後も働き続けるという必要があります。

人生100年時代とも言われているので、お金が必要になってくる場面は昔よりも増えているはずです。

務めている会社に退職金制度が無い人や、退職金制度があっても適用条件に当てはまらないなど、退職金が受け取れない方は注意が必要です。

年金の受給額が少ない人

最近はフリーランスや自営業で働く人が増えているため、年金収入金額が少なくなる可能性が高いです。

年金収入が少なくなれば実収入も少なくなるため、貯蓄で準備をしておくか、老後も働けるスキルを手にしておくことが大切だと思います。

こういった人たちは特に、ライバーディレクターのような副業を積極的に始めておくのがいかに有効かが分かります。

老後のライフプランを考える

これまで老後のことは気にしてこなかったという人も、一度自分がどういった生活をするかイメージしておくことはとても大切だと思います!

そうすれば、無駄な浪費も無くなり、効率的にお金を稼ぐことの大切さに気づくことができるはずです。

いきなり老後ではなくても、1年後、5年後、10年後のように、段階的に自分の未来のライフプランを立ててみてはいかがでしょうか。

スキル不要の副業!
ライバーディレクター養成講座公式HPへ
TOPページを見る